3万円借りる方法はキャッシングが最適

MENU

3万円借りる方法はキャッシングを利用する!

3万円現物

 

誰にでも突然お金が必要になる時がありますよね。「もう少しで給料日なのに。。。」「あと3万手持ちがあれば気が楽なのに。。。」「クレジットカードの支払日が迫ってきた〜」そんな場面に直面した時は、キャッシングサービスが心強いです!現在のキャッシングは、即日キャッシングもできる消費者金融が多いので急ぎの時でもピンチを救ってくれるケースが多いです。

 

消費者金融となると、抵抗がある方もいらっしゃいますが、30日間無利息といった画期的なサービスを展開しているところもあり、使い方を間違わなければ本当に便利に使えます。3万円程度なら、スグに返済できる見込みの方も多いと思います。そういった方は、金利ゼロ円で3万円を借りることは可能です。

 

フリーターや派遣社員の方でも3万円ほどの少額借入なら一定の安定した収入があれば審査に通過する可能性はあります!しかし、無職の方は返済できる見込みがないので借入できません。

 

また、申込時は、免許書などの身分証明書が必要になりますが、ご自身のスマホなどで写真を撮影して、写メールすれば事足りるのでスムーズにネットで完結していきます。また、意外とわずらわしい「収入証明の提出」も、3万円程度のキャッシングなら必要のないところがほとんどです!

 

つまり、免許書1枚で3万円を即日で!しかも無利息で!キャッシング出来る時代なのです!

 

安定した収入をお持ちの方は、ぜひお気軽に審査申し込みをしてみてください。

 

審査通過のコツとしては、3万円だけ借入れするなら、申込の際、借入限度額(極度額)を入力するところが各サービスありますが、この欄を低い金額に設定することです。つまり、3万円借りたい場合は、3万円に設定して、100万円など欲を張らないようにしましょう。※
※サービスによっては最低の限度額が10万円からのところもあります。

 

アコム・・・無利息期間あり!
アコム 3万円今スグキャッシングするなら三菱UFJファイナンシャル・グループのアコムがおすすめです。はじめての方ならなんと「最大30日間金利が0円!」事前に借入可能かチェックできる3秒診断もあります。ぜひアコム公式サイトをご覧ください。50万円までの借入は収入証明不要です。

アコムのお申込みはコチラをクリック

実質年率 融資限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円 3万円,借りる,方法

アイフル・・・無利息期間いよいよスタート!
アイフル 3万円借りるならアイフルもオススメできます。アコムと違い消費者金融としては珍しい銀行系列ではないサービスなので独自審査です。つまりアコムでダメでもアイフルでOKみたいな可能性もあります。無利息のサービスも開始!最短1時間で3万円借りることができます。まずはアイフル公式サイトで1秒診断してみることをおすすめします。50万円までの借入は所得証明不要です。

アイフルのお申込みはコチラをクリック

実質年率 融資限度額 評価
4.5%〜18.0% 500万円 3万円,借りる,方法

モビット
モビット 3万円を今日中に!といったニーズにお応えするのがモビットです(※審査結果により不可の場合あり)(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)WEB完結申込なら、勤務先への電話連絡もございませんので怪しまれずに審査が進行するので安心です。

モビットのお申込みはコチラをクリック

実質年率 融資限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円 3万円,借りる,方法

★即日カードローンをクレカ機能付きで選ぶならACマスターカード!★

 

クレカを最短即日発行で作れる!なかなかありそうでないですよね!ACマスターカードなら可能です!安定した収入があればパート・アルバイトでもOK!年会費もかかりません!
クレカのデザイン表記も「アコム」の記載がなく、スマートです!今手持ちで3万円が無くて泣く泣くあきらめていたショッピングもこれ1枚で解決です!

 

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードの3秒診断をチェック!

 

3万円借りる際の消費者金融において保証人は必要なのか

3万円借りる方法

3万円を借りる方法は様々ありますが、特に融資が早い方法としては消費者金融があげられます。そして、消費者金融を利用する場合は、まずは申し込み手続きをしなくてはいけません。

 

お金を借りる場合は保証人を用意しなくてはいけない場合もありますが、消費者金融の場合はどうなるのか気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。保証人は簡単に見つかるものではなく、急いでお金を借りたいという場合は準備が間に合わないという場合もあるものです。

 

消費者金融の利用の場合は原則として保証人は必要ありませんし、担保も必要ありません。本人の信頼で借りることができ、安定した収入のある方ならパートやアルバイト、派遣社員の方にも利用できます。それゆえに特別な準備も必要なく、必要なときにすぐに手続きを始めることができます。

 

そして、手続きで用意する書類としては、まずは本人を証明することができる書類が必要ですので、運転免許証や保険証、パスポートなどの書類を用意します。そして、消費者金融の場合は総量規制がありますので、50万円以上、他社と合わせて100万円以上の借り入れをする場合などは収入を証明できる書類の準備も必要です。3万円の借入の場合、所得証明書は不要です。

 

カードローンで3万円借りる場合は、免許書1枚で審査に臨んでほぼほぼ大丈夫です。

3万円借りた場合各サービスの最低返済額一覧

3万円借りることを検討している際、最低いくら毎月返済すればいいのか?と頭をもたげている方いらっしゃるとおもいます。下記の表に一覧で最低返済額をまとめましたので参考にしてみてください。

アコム アイフル モビット プロミス

2000円

5000円

4000円

2000円

ゆとりを持って返済できるのは、アコムとプロミスになります。返済額は借入額によって変わり、増額したりする場合も無論、返済額が変わる場合がありますのでその都度、借入するサービスをチェックする必要があります。

キャッシングは3万円を借りる理由は聞かれない

3万円借りる方法

3万円を借りる際ですがキャッシングは、使いみちが自由です。申し込みをするときにお金借りる理由を聞かれるケースはありませんし、こちらから申告する必要もありません。使いたいことに使いたいだけ、借りたお金を使うことができるのです。

 

給料日前にお金が足りないときには、生活費として使うと良いでしょう。もしお金がないときに友達から飲み会に誘われたら、そのために借りても構いません。スキルアップのためにスクールに通うためでも良いですし、海外旅行に行くこともできます。もちろんお金借りる理由は自由ですから、ギャンブルにも使えます。このようにお金借りる理由を制限されていないのが、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどのローンとの大きな違いです。

 

しかしお金借りる理由は自由だといっても、借りたお金は返済しなければいけません。お金借りる理由が自由だとつい使い過ぎてしまいがちですが、計画的に借りないと破産する事態もあります。ですから、お金借りる理由が問われないとしても、自分で本当にお金を借りなければいけないのか考えてください。お金借りる理由を真剣に考えて、どうしてもそのために借りなければいけないときだけ借りていれば、計画的に使えるでしょう。

3万円を借りる際、初めてキャッシングに申込む時の注意点

★可処分所得★
初めてキャッシングに申込む時、誰もが陥りやすい注意点が、毎月の返済額が可処分所得を上回ってしまうということです。可処分所得とは、毎月の収入から、毎月必要な支払いを差し引いて残ったお金をいいます。可処分所得とは、自分が好きなように使うことができるお小遣いといってもいいでしょう。この可処分所得を上回ると、毎月必要な支払いができなくなってしまいます。そうなると、支払いをするために、お金を借りるという悪循環に陥ってしまうことがあるのです。キャッシングを利用する時は、毎月の返済額が可処分所得を上回らないように注意しましょう。
★申込みは細心の注意を持って★
申込書に記入する時や、申込フォームに入力する時は、決して間違わないようにしましょう。金融会社は、申込書や申込フォームに書かれたことをもとに、融資をするかどうかを判断します。そのため、申込書や申込フォームに間違ったことを書いてしまうと、それによって審査に通過しなくなる可能性があります。また、もし他社に借入がある場合は、金額を誤魔化すようなことはせず、正直に借入件数と借入額を記入しましょう。たとえ、少なめに書いたとしても、個人信用情報機関で照会すればすぐにわかってしまうことです。そのようなことをすれば、信用を大きく損なってしまうだけです。
★申込件数も記録される★
意外とご存知ない方が多いのが、キャッシングの申込みも個人信用情報に記載されてしまうということです。情報の登録期間は短いものの、もし短期間にいくつもの金融機関に申込んだとしたら、申込みブラックの状態になってしまうことがあります。そのような状態になると、どんなに申し込みをしても審査に通過しなくなってしまうことがあるのです。
★初めが大事★
キャッシングを利用する場合、もっとも審査に通過しやすいのが初めての利用の時です。上記の注意点に注意して、審査に通過する工夫をしてください。他社に借入がなく、一定の収入があれば、それほど心配する必要はありません。要は、誠実な態度で申込みをすればいいだけです。