カードローンとフリーローンの違いは追加融資

MENU

カードローンとフリーローンの違いは追加融資

カードローンとフリーローンは基本的にお金の使い道が自由となります。もちろん他の借入に対する返済として利用するのは認められていなかったり、会社の運転資金に回すことはできなかったりと最低限のルールはありますが、デンタルローンやカーローンのように使用目的が定められていないことが特徴です。

 

そしてカードローンとフリーローンの決定的な違いは追加融資が可能かどうかということです。カードローンの場合は予め借入枠が設定されており、返済をして利用していない借入枠があるのなら自由に追加融資が受けられます。しかしフリーローンでは審査段階で決められた借入金額は、一度全額返済をしなければなりません。どうしても新たに資金を用意しなければならないのなら、改めて追加融資の審査を受ける必要があるのです。このような違いがあるため、銀行や消費者金融会社によっても異なりますが、フリーローンの方が金利が低かったり、審査が通りやすかったりといったメリットがあります。

 

そのため継続して借入をする必要があるならばカードローンの方が利用しやすいですし、お金の使用目的がはっきりとしていて返済の目処が立っているのであればフリーローンの方が有利です。