日本政策金融公庫の審査とは、どういうものなのか

MENU

日本政策金融公庫の審査とは、どういうものなのか

事業を、営んでいるとどうしても景気の浮き沈みに流されがちになりますし、場合によっては、思わぬところで足元すくわれることも多々あります。サラリーマンと違って出社すればお金が貰えるという環境では、ないのです、サラリーマンから独立した方は特にこんなことまでやらなければならないのかと根を上げる人も多くいるようです。よく言われるのが、名刺ひとつ作るのにしても実は様々な手配が必要で、製造業で言えばその工数はかなりのものです。サラリーマン時代には、女の子に声をかければ、当たり前に作れていたものが、自分自身でやらなければ、誰もやってくれないようになってしまうのです。

 

そんな中で、資金不足に陥れば企業として成り行きが経たなくなってしまいます。企業は、赤字だけが原因で倒産する事は、ありませんが、資金不足になると倒産してしまうのです。ですから、資金調達というのが、重要になってきます。その資金調達を担うのが銀行ですが、銀行の借り入れは実際はハードルが高いのも事実です。各種の資料が必要ですし、その根拠を説明させられるケースもあります。

 

そんな中で味方なのは日本政策金融公庫です。日本政策金融公庫は、半官半民の組織で、比較的民間銀行より審査が緩いです。特に実績のある会社では、審査が緩くなる傾向にあります。

 

参考:日本政策金融公庫